2019年3月25日月曜日

43 サクラの開花宣言

 3月21日、気象庁は東京と福岡で、ソメイヨシノが開花したということを発表した。いわゆるサクラの開花宣言である。
 日本では、サクラの咲く時期になると、各地の気象台がその地域のサクラの開花状況を観察して、開花宣言というものを行う。標本木としている桜の木(ソメイヨシノ)の花が5~6輪咲いているのが確認できると、「開花した!」と発表するのである。今年は、長崎が3月20日で一番早かった。

 毎年TVで、標本木となっているサクラの開花宣言のための観察風景が報道される。東京における標本木は靖国神社にあり、今年は2度3度と観測している様子が報道された。まわりを何十人もの報道関係者が取り囲んで、気象庁の職員の口から開花したという発表が出るのを待っている。
 
 長崎で開花が確認された20日、東京では確認とはならなかった。眼の良い若い女性記者が、そこにもあそこにも咲いているというのだが、初老の職員には大きな木の上の方はなかなか確認できず、双眼鏡を持って来たりして見たのだが、その日はついに開花確認とはならなかった。
 その様子を見ていて、なんだかおかしくなってしまった。実際に咲いていても、気象庁の役人が開花したと宣言しなければ、桜は開花したことにならないのである。

 気象庁が、サクラの開花日を記録するのは、気象の変化をとらえるために必要なことだと思う。標本木を決め、開花と判断するための花の数をを決めておくというのも道理である。しかし、それをメディアがこんなに何日も大騒ぎして取り上げるというのはどういうことなのだろう。
 それより、どこの公園は一部咲き、何々通りの桜並木はもう三分咲きだというような情報の方が意味があるのではないか、と思うのだがどうなのだろう。

 そういえば、同じ気象庁関連で、似たようなものに「梅雨入り宣言」「梅雨明け宣言」がある。その前後の梅雨前線の発達状況や停滞状況等から、「梅雨入りしたとみられる」「梅雨が明けたとみられる」と発表するあれである。梅雨入り宣言をしたにもかかわらず雨が降らなかったりすると、そのときは「空梅雨(からつゆ)」と言い、梅雨明け宣言をした後でまた雨が続いたりすると「戻り梅雨」と言ったりする。
 気象庁にとっては「梅雨入り宣言」「梅雨明け宣言」は意味のあるものではなく、一般の人からのぜひやってくれと言う声があまりにも多いので、仕方なくやっているものだという。実際の梅雨入り、梅雨明けの判断は、その後の状況もずっと観測して、数カ月後に判断するそうだ。
 日本人は、権威あるところに判断を託すのが好きなのだろうか。

 開花宣言や梅雨入り宣言があったから、ああそんな季節になったかと思うのではなく、日常の街歩きの中で、木々や草花の変化、あるいは雲の形や空の色から、自分の力で季節の変化を感じたいものだ。また、それと同時に、一年一年の変化に敏感でありたいと思う。それが、私たちの子や孫、そしてずっと後の人々にこの自然を残していく力の基になると思うからである。

2019年3月23日土曜日

42 沖縄の現実は、私たちの現実

 先月24日、沖縄県で辺野古基地建設に関して住民投票が行われて1カ月になる。
 沖縄の有権者数は約115万人。投票率52.5%で、そのうちの72.2%の約43万人が反対票を投じた。
 投票率52.5%の72.2%、つまり全有権者の37.5%が建設反対の意を示したということになる。
 これは、沖縄県の人々の、辺野古基地建設反対の意思を強く感じさせる数字だ。

 有権者の37.5%、これを有権者数1100万人の東京都に置き換えて考えてみよう。
 東京都の有権者数はこの3月で1132万人、沖縄県のほぼ10倍だ。
 その37.5%は、約425万人になる。
 国が進めようとする施策に、東京都民425万人が反対したという状況だと考えられる。
 
 2016年の都知事選で圧勝した小池百合子氏の得票数は291万票であった。
 このとき、小池氏を知事とすることは、都民の強い意志として受け止められたのである。
 425万人というのは、その1.46倍にあたる。
 もし、国が都に対して進めようという施策に対し、425万の都民が反対したとしたら、国はそれを強引に推し進めるだろうか。

 沖縄では、それが行われているのである。
 37.5%の県民の反対表明を、政府は意にも留めず、粛々と建設を進めるという意向を示している。
 辺野古の海の底がマヨネーズ状で、地盤改良に数年かかかるということが明らかになっていながら、計画を変えるつもりはないと公言している。

 この辺野古基地問題は、なぜかメディアがあまり取り上げないせい。
 (悪質動画投稿問題などに比較すると、信じられないほど報道が少ない。)
 そのためか、沖縄県以外では、あまり大きな問題とは認識されていない。
 しかしこれは、われわれ国民にとって大変大きな問題ではないだろうか。

 国と国民の関係、それはどうあるべきものなのか。
 それは沖縄に限らず、各都道府県の住民が考えておくべき問題だ。
 国益≠都道府県益(その地域の住民が望んでいるもの)であるとき、それは、国が一方的に、
 地域住民の望むところを無視して、国の考えるところを推し進めてもよいものだろうか。
 各都道府県民は、国がこうと決めたら、それに絶対従わなくてはならないのか。
 沖縄の状況はそうなっているのである。
 
 そしてそれは、他の都道府県民は、それはその地域の問題だからと、ほおっておいてよいのだろうか。
 沖縄の問題だからと、知らぬふりをしていてよいのだろうか。
 自分のところの話ではないから、自分たちに類が及ぶわけでないからと、知らないふりをしていてよいのか。

 外交努力をせずに、ただただ軍備を拡大していく現政府。
 アメリカの求めるままに基地をつくり、武器を買う。
 その行く手には、いくらでも類似の問題が起きてくる。
 新型ミサイル迎撃システム「イージスアショア」の配備計画、軍事研究家からは、維持体制に莫大な費用がかかるという指摘や、固定した設備であるので有効性が低いという指摘もあるものだ。予定地となっている山口県阿武町や秋田市で攻撃対象になるからとして反対運動が起きている中、政府は予定地の測量など計画を粛々と進めている。

 沖縄の現実は、私たちの現実でもある。
 沖縄の問題は、私たちの問題としなければならない。
 
 

 


 
 

 

2019年1月28日月曜日

41 Nobody is Right

 2015年の夏ごろ、あるCMが話題になった。草原に立った大勢の女性たちが、みな同じ方向を向いて歌をただ歌うというもので、しばらくは何のCMだか分らなかった。
 ただ、その歌詞が妙に心に残った。
  「争う人は、正しさを説く。 正しさゆえの争いを説く・・・」
  ちょうど、集団自衛権を問題にした安保法案が国会で審議されており、首相の答弁がさまざま取沙汰されていたときだったので、それへの批判じゃないかという声も多々見られた。私自身もまさにそう感じていた。

 誰の歌なのだろうかと思って調べたら、中島みゆきさんの「Nobody is Right」という歌であることを知った。下記がその歌詞である。

 もしも私がすべて正しくて とても正しくて 周りを見れば
 世にある限り全てのものは 私以外は間違いばかり
 もしもあなたが全て正しくて とても正しくて 周りを見れば
 世にある限り全てのものは あなた以外は間違いばかり
  (中略)
 正しさと正しさとが相容れないのは いったい何故なんだ?
 Nobody is right.Nobody is Right. 正しさは
 Nobody is right.Nobody is Right. 道具じゃない

 悪い人などいないだなんて あいにくですがうなずけません
 正しい人こそいないんじゃないか 完ぺき正しいってどういう人だ
 争う人は正しさを説く 正しさゆえの争いを説く
 その正しさは気分がいいか
 正しさの勝利が気分がいいんじゃないのか

 あとで、このCMは或るアパレルブランドのものだと分かった。「明日をどう生きていくか」という問いかけであり、人類にとっての最重要テーマである反戦と平和を訴えたものだった。

 慰安婦問題に始まって、徴用工問題、レーダー照射事件などをめぐり、日韓の挑発合戦ともいうべき事態になっている今、私の頭の中では、この歌詞が繰り返し流れている。
 お互いに正しさを主張して譲らない、日韓双方の政府と軍隊(自衛隊も実質軍隊)。
 それぞれの後ろに国民、そして支持者が控えている。
 もしも譲ったら面子が失われる、国益が失われる・・・

 しかし、2つの国にとっては、もっと重要なことがあるはずだ。
 それは、日韓を含むこの東アジアの平和を築いていくということだ。
 そのためには、日韓の友好的な関係は不可欠だ。
 共に歩むという姿勢こそが重要だ。
 日韓両政府は、お互いに冷静になって、振り上げた刀を下ろしてほしい。
 それができたとき、2つの国それぞれが本当の勝利を得たといえるのではないか。


★追記
 (中略)としたところの歌詞はつぎのとおり。

   つらいだろうね その一日は。 嫌いな人しか 出会えない。
   寒いだろうね その一生は。 軽蔑だけしか いだけない。

 このままいくと、日韓両政府は、日本と韓国の人々を、こうした関係に追い込んでしまいそうな気がする。世論調査の結果などを見ると、既にそうなりつつあることを感じる。
 早く冷静になって、大人の外交をしてほしい。
 日本と韓国の人々が、お互いを尊敬しあって付き合って行かれるようにすることこそが、国を預かるものとしての使命ではないのか。



 

  

2019年1月11日金曜日

40 嘘つきは戦争の始まり

職場の新年会から帰った9日の夜、先輩からメールをもらいました。
友人から送られたメールを拡散してくれたのです。
多分、家に帰ってメールを開き、すぐさま送ってくれたのでしょう。
「痛快な記事」とのコメントが付き、次の写真が添付されていました。


どこの新聞だろうと思ってネットで調べてみたら、朝日新聞1月7日の朝刊、宝島社の全面広告でした。我が家も朝日新聞をとっています。急いで探すと、ありました、ありました。
全面広告です。(気がつかなかったなんて!)
送ってくれた写真は、その一部分でした。

読売と日刊現代には別バージョン「敵は、嘘」が載ったそうです。
ネットでも話題になっています。広告の全体が見ることができます。
宝島の政策意図も紹介されています。

https://netatopi.jp/article/1161103.html


制作は電通。たった220字でこれだけのことを言う。すごいです。
このブログの37稿「今年の漢字」で、私もこの国に蔓延する「嘘」について書いただけに心を打たれました。
この広告が多くの人々の心を動かし、この国をまともにする力を生み出すことを強く願っています。

2019年1月8日火曜日

39 謹賀新年

 予想されていた寒波も、一部の地域を除いてはそうたいしたことはなく、2019年の正月はまずまず穏やかに迎えることができたようです。
 皆さま、いかがお過ごしになりましたか?

 昨年は、今年の漢字に「災」が選ばれたように、集中豪雨、台風、地震と本当に災害の多い年でした。
 「50年に一度」とか「経験したことのない」といった言葉が飛び交いました。
 しかし、もうその言葉は通用しない。
 今年が昨年以上の災害に見舞われないとは言えない、地球の状況があるからです。
 今年1月1日には、早くも台風1号が発生したそうです。

 天災は避けることができません。
 けれども、被害は避けること小さく抑えることができるはずです。
 8年前、「想定外だった」として、大きな被害を生み出した事故がありました。
 そう、福島第一原発の事故です。
 
 実はこの事故は想定されていたのです。
 科学的な根拠をもって災害を予測していた人たちがいました。
 そして被害をおさえるべく対策を進言していた人たちがいました。
 それらは、「まさか自分たちのところには起こらないだろう」「そんなにすぐには来ないだろう」という、根拠のない楽観主義によって採用されなかったのです。
 避けることができた災害だったと言ってよいでしょう。
 決して忘れてはならないことです。

 「自分のところには起きないだろう」ではなく、
 「自分のところ」はどういう条件にあるのか」、そして、「自分のところではどういう災害が起こりうるか」、と考える必要があるのではないでしょうか。

 科学的な視点に基づいた想定力をどうみがくか、どう育てるか。
 そして、想定されたことに対応する力を、どう育てるかが、、災害列島に住む我々の課題だと言えそうです。
 

 
 
 
 

2018年11月20日火曜日

38 最新の道徳教育

某国では、新しい道徳教育の方針を発表した。いや、すでに首脳自ら行動で示しているらしい。
下記がその内容である。

 1.ウソも言い続ければ、本当になる。

 2.力あるものはズルをしても許される。(ないことにできる。)

 3.前に約束したことを違えるときは、謝らないで正々堂々と「新しい判断」だと言う。

 4.目上の人を大切に。責任は下のものがとる。(世の中はしょせん不公平なのだから。)

 5.長いものには巻かれる。力あるものに従っていれば出世する。

 6.友だちを大切にする。
    例:自分にとって大切な友人は、ルール違反であろうとなんだろうと、ウソをついてでも守る。

 7.公私を使い分ける。
    例:費用は「公人」として遣うが、行動の責任については「私人」なので負わない。

 8.目先のことを優先する。出てきた問題の解決は、後の世代にまかせる。
    例:赤字国債をどんどん発行して、省庁が思い切って予算を使えるようにする。

 9.不安を生まないように、問題点が見えないようにする。
    例:国債を日銀に買わせ、価格が下落しないようにする。
    例:年金基金で株をたくさん買って株価を上げ、景気がよくなっているように見せる。
    例:問題が出てこないように調査の仕方を工夫したり、良いデータのみ公表する。


このほかにも、まだあったようだが、とりあえず・・・

2018年11月15日木曜日

37 今年の漢字

 毎年12月に、今年一年を象徴するに最もふさわしい漢字を全国より公募し、最も応募数の多かった一字を今年の漢字として、京都の清水寺で貫主が揮毫する。もう20数年続いている、冬の風物詩だ。その募集が11月1日から始まったという。

 しかし、今年は既に9月ごろから、今年の漢字はこれ、とうわさされている字がある。
 少し気が早いとは思いつつ、確かにそれは今年を代表するのふさわしい漢字だと、私も思った。
 その字は、「嘘(ウソ)」という字である。


 今年は、年の初めから、日本中が嘘(ウソ)まみれになっている。実際には、それよりかなり前からそれは始まっていたのであるが、今年はそれが噴出し、国民の目にさらされたのである。

政治家・官僚


 政治家のウソ。中心は言わずと知れたあの人だ。そしてその側近、そしてお友だち。
 議会で追及され、それをかわすためにまたウソをつかなければならない、という構図が見えた。恥の上塗りならぬ、ウソの上塗りだ。
 政治活動費の使い方のウソもあった。国会議員にもあったが、地方議員にも多く見られた。

 官僚のウソもあった。これは、かの政治家の「ウソ」をごまかすための「ウソ」が多かったが、法案を無理やり通すための「ウソ」のデータもあった。

 高度プロフェッショナル法案の必要性を調べるために事前に行ったとされる聞き取り調査は、実際にはやっていなかった。法案要綱作成後に後付けで行った聞き取り調査もたった5社12人、しかも全員が企業側が選んだ人間で、会社側の人間が同席しての聞き取りだったときては、あまりにもいい加減なデータだと言わざるを得ない。
 
 統合型リゾート推進法案(通称IR法案、またの名はカジノ法案)を通すために国が作った法案もウソくさかった。利用者の大半が外国からの観光客であるという前提のもとに作り上げられていたが、最近の海外からの観光客が日本に求めているものを分析している専門家たちは、そういうことは考えられないと発言しているし、IRを導入しようとしている自治体さえも利用者の多くは日本人であると予測している。

企業・銀行


 多くの企業、特に製造業でウソが蔓延しているということも、明らかになった。
 神戸製鋼、三菱マテリアル、三菱自動車、スバル、スズキ、日産、マツダ、ヤマハ発動機、コスモエネルギーホールディングス、東レ、宇部興産・・・皆、一流とされている企業である。
 製造データの偽装が中心で、中には20年来の偽装というものもあった。技能実習生への計画外作業というものもあった。

 堅いとされた銀行も例外ではなく、会社ぐるみで行われたスルガ銀行、東日本銀行、みちのく銀行での不正融資や、融資関係書類の改ざんは、長く続く低金利政策による銀行業界の地盤沈下とも関連して大きな問題として取り上げられた。

障害者雇用でも


 そして秋口になって明らかになったのが、官公庁における傷害者雇用の水増し問題。障害者
手帳が交付されておらず障害者とは認定できないものを障害者として雇用し、あたかも法定雇用率を満たしているかのように、ウソのデータを作り上げたのである。
 行政では、内閣官房を始めとする27省庁、立法では衆議院事務局など4機関、司法では最高裁、高裁、地裁、家裁の各裁判所と、国の機関の8割が、そしてなんと障害者雇用の監督責任を持つ厚生労働省までもが水増しを行っていたのである。
 10月22日、この問題の調査にあたった第三者委員会は、水増しされた人数は3809.5人であったと、発表している。
 
 このほかにも、37都道府県、2政令都市、5市町村でも水増しが確認されており、日本国中にウソが蔓延している感じだ。

子どもたちに対して


 道徳が教科になり、小学校で道徳の教科書が使われるようになった今年。
 何という皮肉だろうか。道徳の教科書に書いてあることと、大人たちのやっていることは違う、ということを子どもたちに伝えてしまった。
 子どもたちにTVニュースは見ないように、新聞は読まないようにと言わなくてはならないのだろうか。
 それとも、勉強と現実とは違うのだから、と教えなければならないのだろうか。
 強くなれ、えらくなれ、そうすればウソをついてもいいんだ、と教えるのだろうか。
 しらばっくれていればいいんだ、そのうちみんな忘れるから、と教えるのだろうか。



★今年の漢字、清水寺での揮毫は12月12日だそうである。